ファイナンシャルプランナーと併せて取りたい資格

ファイナンシャルプランナーの資格だけでも役には立つのですが、他の資格を併せて使うことで、顧客により高いサービスを提供できる場合があります。そのため、ダブルライセンスとして別の資格も取得している人は少なくありません。関連する資格であれば、勉強内容や出題範囲が共通している部分もありますので、そういったところを狙ってもよいでしょう。

基本的には、従事している仕事に関連した資格をとるのが一般的です。保険の仕事をしているのならば「生命保険募集人」、証券会社や銀行に勤めている場合は「証券外務員」などは必須の資格でしょう。これらの資格は、入社時に強制的に取らされる場合も多いので、付加価値としては弱くなりますが、独立して保険や証券のカウンセリングの仕事をするのであれば必ず取っておきたい資格です。

その他、ファイナンシャルプランナーと相性のよい資格としては、税理士や社会保険労務士、宅地建物取引主任者、公認会計士、中小企業診断士などが挙げられます。ポイントとなるのは、顧客の収入や税金など資産面のカウンセリングを行う仕事であること。実際、こうした仕事を行いながらファイナンシャルプランナーの資格を取る人は多く、業務の幅を広げるのに活用しています。公認会計士などは超難関と呼ばれる資格ですから、ファイナンシャルプランナーを取ったから公認会計士も受けよう、という人はあまりいないでしょうが、公認会計士を取得してからファイナンシャルプランナーの資格も取る人は少なくありません。