独学でファイナンシャルプランナーを目指す

独学でファイナンシャルプランーを目指すメリットは、なんといっても費用が安く済むということでしょう。必要なのは、試験の受講料と、市販の問題集などの費用だけですので、講座を受講するのに比べるとずいぶん安くなります。また、自分のペースで勉強できますので、仕事をしながら資格取得を目指すという人でも無理なく続けられるのではないでしょうか。

独学で勉強する時に、全く関係のない仕事をしていたり基礎知識がない人が最も困るのは、用語がわからないという点です。そのため、用語を詳しく解説した参考書を利用するのがおすすめです。また、少しでも安く教材を買いたいからと言って、古本屋などで買うのは良くありません。保険や金融に関する細かい法律などは、改正されることも多いので、最新の問題集や参考書を使うのが必須条件です。ファイナンシャルプランナー受験のための問題集は、書店などでたくさん売られていますが、どれを選べばよいかわからないという場合は、口コミなどを参考にするとよいでしょう。

ファイナンシャルプランナーに限ったことではありませんが、独学での資格取得で最も問題となるのが、モチベーションの維持です。通信講座などでお金を払っていれば、少なくとも「もったいないから」と頑張れるかもしれませんが、独学の場合は費用も安いため途中で投げ出してしまう人も少なくありません。受験することを周囲の人に公言したり、インターネットのコミュニティサイトへの参加やSNSの利用などで乗り切っていきましょう。