ファイナンシャルプランナーに向いている人

ファイナンシャルプランナーの仕事は、顧客の経済的な状況をカウンセリングして、将来的なライフプランを提示したり保険の見直しを行ったりすることです。そのため、人と話すのが苦手という人にはあまり向いていないかもしれません。顧客のプライベートな話を聞くのですから、相手が話したくなくなるような態度もよくありませんし、絶対に秘密を守れる人でないと困ります。また、アドバイスをする立場のファイナンシャルプランナーが、自信のない話し方やたたずまいでは顧客も安心して相談できません。落ち着いていて、頼りになりそうな雰囲気を醸し出すことも必要です。

また、資格取得の面では、勉強する内容に共通するところが多い税理士や社会保険労務士などは、向いているといえるでしょう。また、顧客の相談に乗ったり、アドバイスをするという点でも共通点が多いので、役に立つケースも多いです。ただし、税金や保険などの計算や算出を行う仕事なので、数字があまりにも苦手という人にはあまり向いていないかもしれません。逆に「お金の計算が好き!」という人には最適の仕事です。

そして、何よりも大切なのは、本当に顧客のために考えて、提案できること。顧客にとっては、そのアドバイスが一生を左右するかもしれない大切な相談です。相手に失礼な態度を取るのはいけませんが、指摘するべき点はしっかり指摘しなければなりません。また、刻々と変わる社会の状況に合わせて、常に勉強を続けることも必要です。