ファイナンシャルプランナーは儲かる?

ファイナンシャルプランナーの収入は、人によってかなりの差があります。独立して年収数千万円を稼ぐ人もいれば、企業に勤めて年収300万円前後という人もいます。かといって、もちろん独立すれば必ず儲かるというものでもなく、独立しても仕事がなかったら、もっと収入が少なくなってしまうのです。

個人差はありますが、ファイナンシャルプランナーはあくまで付加価値として利用されることの多い資格で、純粋に相談料やコンサルタント料だけで生活しているという人はごくわずかです。もちろん中には相談料やコラムの執筆、講演などで数千万円を稼いでいる人もいますが、そうなるためにはかなりの人脈や営業力、実績が必要になります。独立している人の多くは保険の代理店を個人で営むことによって利益を上げており、保険の営業をする際のコンサルティングにファイナンシャルプランナーの資格や知識を利用しています。独立して儲けようと思ったら、よほどの営業力があるか、ダブルライセンスなどで業務を広げるなどしないと厳しいかもしれません。

それではファイナンシャルプランナーは儲からないかというと、一概にそうとは言えません。たとえば保険会社や金融機関では資格を持っていることによって手当てが支給されることもありますし、その知識を生かして不動産会社で売り上げをアップさせればインセンティブが出る場合もあります。企業に勤めながら資格を生かして働くことによって、+αの収入を得られる可能性もあるのです。