ファイナンシャルプランナーの資格取得は難しいの?

ファイナンシャルプランナーの資格の難易度は、何級を受けるかによってもかなり異なります。最も難易度の低いファイナンシャルプランニング技能士3級の試験は、資格試験としては易しいほうです。初心者でも独学で十分に合格は可能ですが、経済的な用語がかなり出てくるので、それらを覚えるのに苦労するかもしれません。それに対して、2級になると難易度はやや上がり、簿記2級と同等の難しさになります。3級のおおよその合格率が、学科70%、実技50%なのに対して、2級になると学科が20~30%、実技が30~40%とグンと下がります。とはいえ、ファイナンシャルプランナーとして仕事をするには、最低2級は持っておきたいところです。

ファイナンシャルプランナー2級の試験に合格すると、AFPの登録資格が得られます。つまりAFPの資格を取りたい場合には、2級の試験を受けることになるのです。さらに上位の国際資格としてCFPがありますが、これは各問が難しい上に、範囲が広いので、全教科一括の合格率は10%未満です。ただし、各科目に合格すれば、違う科目は次の試験でチャレンジすることができますので、何度かに分けて受験するという方法もあります。

ファイナンシャルプランナーの資格の最高峰ともいわれるファイナンシャルプランニング1級は、CFPと同等かそれ以上と言われる難易度です。CFPのように、何度かに分けて受験するというわけにいかないので、そういう点でも厳しい試験になります。受験資格として実務経験が必要であるにもかかわらず、学科試験の合格率は10%前後ですから、かなり難しい試験だといえるでしょう。