ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーの仕事内容は、金融機関や保険会社などで働く場合と、独立してフリーランスで働く場合、または公認会計士や税理士などがダブルライセンスとして利用する場合などで異なります。

最も多いのは、金融機関などや保険会社などで働く場合ですが、基本的には顧客の収入や家庭環境などから将来的な資産運用や必要だと考えられる保険、教育費や住宅ローンなどを算出し、今後の資金面でのアドバイスなどを行う仕事です。適切な保険を提案したり、老後の資金のために運用を提案するなど、金融や保険などの事業内容によってサービス内容は異なります。基本的には相談料を受け取るわけではなく、自社の金融商品などをセールスすることで会社からサラリーが支給されます。

一方、独立系のファイナンシャルプランナーの場合も仕事内容はあまり変わりありません。違う点としては収入を得る方法で、保険の代理店として顧客のライフプランに合った保険商品を販売したり、お金に関するカウンセリングで相談料を得たり、セミナーの講師として収入を得る場合もあります。安定した月給がもらえるわけではないので、プランニングのスキルと営業力が必要です。

また、公認会計士や税理士。社会保険労務士などがファイナンシャルプランナーの資格を併せて取ることで、本業でのサービスの幅を広げることもあります。ファイナンシャルプランナーはすべての人に関係する資格であり、同業者との差別化を図ったり顧客満足度を上げるためにも便利な資格だといえるでしょう。